セラミドの秘密

セラミドの注意点

セラミドとは、簡単に言うと、乾燥から肌を守る保湿成分です。
セラミドとは外界から肌を守っている、肌バリア機能ともいわれる角質層の重要成分です。

 

セラミドはスフィンゴ脂質やセレブロシドとも呼ばれ角質層にある細胞間脂質という肌の2次バリア成分の40〜65%を占めているのでとても重要です。
セラミドは水に対して不溶性であり、水分の保持と肌の保護のための理想的なブロックで肌バリアを築いています。

 

肌の一番上は角質層といいます。角質層は皮脂という油分に覆われています。これが肌の1次バリアです。
皮脂や角質は肌の上にフタをして、水分の蒸発を防ぐことで肌の潤いを保っています。

 

この肌のバリア機能は、空気の乾燥や生活習慣の乱れ(睡眠不足、ストレス、間違ったスキンケアなどの影響)、年齢により、皮脂や角質が傷つき、回復が間に合わなくなりますと、失われてしまいます。
そうすると肌の水分が蒸発して、乾燥肌になります。
さらに乾燥した肌はセラミドが不足して、肌のバリアが弱くなり、痛んだ肌からは汚れや細菌などが侵入しやすくなります。
アトピー性皮膚炎の方は、この皮膚バリアが壊れている状態と言われます。

 

こうなってしまうと刺激感やかゆみが発生し、かいてしまうことで角質がさらに傷つき、肌の水分の蒸発も進み、悪循環を起こし、肌荒れが悪化します。

 

すなわち乾燥肌や肌荒れなどトラブルが見られる方は、セラミドを補うことで理想の肌状態を保つことができ、さまざまな侵入物質から肌を守ってあげることが重要なスキンケアになります。

 

そのためセラミド配合のスキンケア化粧品は、肌が乾燥や敏感でお悩みの方に最適な製品です。

 

 

 

 

 

特に注意したいのは、セラミドの種類。
化粧品に含まれるセラミドには種類があり、ヒト型セラミドと非ヒト型セラミドの2種類に大きく分けられます。
ヒトの肌の組成に近いもののほうが高い保湿力を期待できるので、「ヒト型セラミド」や「セラミド1」「セラミド2」というように数字がついているものを選びましょう。

 

それぞれの特徴

 

 ヒト型セラミド ヒトの皮膚にもともと含まれるセラミドと同じ。成分表示は「セラミド2」
 動物性セラミド 馬や豚などの動物由来のセラミド。同じ哺乳類のセラミドなので親和力は高い。
 糖セラミド セラミドに糖が結合した構造で米や麦などから抽出した植物由来。
 擬似セラミド 形の異なる異性体の混合物を使って人工的に生成されたセラミド。

 

 

セラミド配合化粧品を選ぶときの注意点!

 

■セラミドを補給するものとセラミドの生成を助けるものがある!
■人の肌に近い組成のセラミドのほうが効果が高い!
■濃度が低いと効果も薄い。安すぎるものは要注意!